ブログ

火災保険の活用法

 

落雷で換気扇をやられた髙橋ですemoticon-0106-crying.gif

調べてもらったところ、基盤のコンデンサとモーターまでやられていたようで、その2つの部品が取り替えになり、出張費やらで、¥45,000程かかりました(T_T)

大きな痛手…。

しかし、落雷による被害ということで、火災保険会社に問い合わせると保険金支払いの対象ということでほっとしました。

保険会社により出す書類が違うのですが、
うちは『日本興亜損保ジャパン』にお世話になっています。

そちらの担当の方に確認したことは、

・修理が終わった後でも保険金を請求できるということ。
・請求の際は写真を2点以上添付。
・必要書類のこと。もちろん保険金請求申請書と、落雷による損害の修理』
といった文言を一言添えた見積もりor請求書も添付と言われました。

です。

火災保険は、いざというときの心強い味方です。
しっかり入って、うまく使いましょう!!
うちなんて、先日も物置も突風で倒れて、そちらも火災保険におせわになっていますからemoticon-0107-sweating.gif

ちなみに、火災保険は車両保険と違って、
保険を使ったからといって保険料が上がることはないそうです。

投稿日:2015年07月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

モデルハウス見学予約