vol.01 構造について

1.木造在来工法

柱と梁を組み合わせた、伝統的な工法です。
雨の多い日本の風土に合う工法にもなります。
間取りの自由度も高く、将来の改築などにも対応しやすい構造です。

2.耐震構造

基礎や骨組みを、一般の建築基準法以上に設定しています。地震や台風などの強い力が一気に加わっても、簡単に割れや欠損を生じることはありません。

3.断熱材

吹付ウレタンフォームは、ウレタン樹脂で形成され木材に対して半永久的に自己接着するので、高い断熱性・気密性・耐久性に優れています。
グラスウールはガラス繊維でできた断熱材で防性能が高く、不燃材として認定されています。
防虫性・コストパフォーマンスにも優れています。

モデルハウス見学予約