ブログ

LEDと白熱球

髙橋です(*^-^*)

照明器具のカタログを見てもLEDがほとんどで、

大手メーカーのパナソニックは白熱灯の生産を終了したくらい、

LEDはなくてはならないものになりました。

 

LEDは、長寿命でランニングコストが安いのが特徴です。

今では器具自体も安価になっており、ますますLEDの時代になってきました。

LEDには、白くシャープな印象の明かりと、温かみのある黄色っぽい明かりがあります。

今はさらに、その間の『温白色』という明かりの色も出ました!

お部屋の用途に合わせて明かりの色もチョイスすると、より雰囲気よくまとまりますよ♪

 

キッチンや手洗いの照明などはペンダントライトが人気です。

白熱灯はそんな器具の魅力をアップしてくれます♪

 

DSC_0325re

左が白熱灯で、右がLEDです。

白熱灯は全方向に明るさが広がるので、器具全体が明るくなり、色や柄の特徴がよく分かります。

同じ器具でもこんなに違いが出るんですね!

器具や場所でLEDと白熱灯を使い分けるのもよいですね(^^♪

 

 

投稿日:2017年02月03日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

モデルハウス見学予約